CDBMAXは電子タバコでもニコチンが無いのはなぜ?

今話題のCDBMAXですがYouTuberであり格闘家ののシバターさんも動画でCDBMAXを紹介されていますね。

CDBMAXは電子タバコでCDBを体内に吸引するという製品です。

このCDBMAXはまだ発売されて間も無いのですが今までの電子タバコとは全く違う、健康的なれるタバコとして注目されているのはもちろんなのですが、その成分が大麻から抽出されたものということでも話題になっています。

日本でもやっと購入することができるようになった合法大麻成分のCDBMAXを電子タバコで吸引するとどんな影響があるのでしょうか?

>>CDBMAXについて詳しく見てみる

CDBMAXに含まれる成分とは?

CBDMAXは製品名ですが、”CDB”というのが大麻から取れる成分の略式名称です。CDBの正式名称は”カンナビジオール”といいます。

世界では大麻に対する研究が進んでおり、麻の持つ薬理効果や身体への健康効果について医学的にも認められています。

CDBMAXに含まれるCDB(カンナビジオール)は同じ大麻から取れるものなのですが私たちが危険ドラッグとして認識しているものとは全く違って、精神の錯乱や幻覚などを引き起こすような危険性は全く無いどころか、体に良い効果があるというのです。

CDBMAXを吸引することによって体の起こる良い効果の例として以下のようなものがあげられます。

  • 深く質の高い睡眠効果

  • リラックス効果によるストレスからの緩和
  • 
痛みの緩和
  • 
疲労の緩和
精神を安定させて不安を解消する

  • その他

ストレスの多い社会の中でCDBMAXが手軽に取り入れられるリラックス方法として人気が高い理由も見えてきます。

>>CDBMAXを購入する

CDBMAXは電子タバコ?

CDBMAXは電子タバコを使って煙で体内にCDBを取り込みます。CDBを体内に入れるには液体として飲む方法もあるのですが、電子タバコとして煙で体内に取り入れた方が体への吸収率が高く、効果がすぐに感じやすいという利点があり、電子タバコとして煙で吸引する方法を取っています。

CDBMAXの仕様を見ると電子タバコの中でもVAPE(ベイプ)と呼ばれるものを使用しています。

CDBMAXが電子タバコの中でもVAPEを使用した理由

一般的な電子タバコに対してCDBMAXで使用されているVAPEはニコチンやタールを含みません。VAPEは電子タバコというよりアロマ機器といった部類に族すると考えてもいいかもしれませんね。

CDBMAXはCDB成分の入った蒸気を吸引する方式で成分を体内に取り入れます。

また、CDBMAXは一般的なVAPEとは違ってカートリッジの交換も必要なく、液体やOILを補充する必要もありません。

CDBMAXは普通の電子タバコよりも使い方は簡単です。

箱から取り出してそのまま吸引するだけ。タバコのようなスリムなボディーで見た目もお洒落ですね。

吸引中は先がブルーに光る仕様になっています。1本で400〜500回の吸引が可能で成分がなくなり、吸引できなくなった時点で捨ててください。

使い捨てなので処分方法は各市区町村のゴミの捨て方にしたがって捨ててください。水蒸気とはいえ煙や多少の匂いは出ますので、公共機関の吸引はマナーに従う必要があります。

まとめ

CDBMAXはVAPEという電子タバコの一種で、リラックスできたり良い睡眠が取れるなど身体や精神に良い影響があると医学的に認められている安全性の高いCDBを体内に取り入れることができる製品です。

VAPEにしたことで持ち運びも楽で、いつでも使いやすい仕様になっています。

CDBMAXですが、現在はネット上の公式サイトのみでの取り扱いになっていますが話題沸騰中で時々在庫が切れるほどの人気ぶりのようです。

CDBMAXを試してみたい方は下記のボタンから購入できます!

公式サイト: https://cdbmax.com