CDBMAXは合法的に認められた大麻成分。吸引すると…?

CBDMAX(シーディービーマックス)が日本で発売されて間もないのですが、あっという間にすごい話題になっています。シバターもyoutubeでCBDMAXについて紹介しています。

CBDMAXには大麻の成分が含まれているんですね。大麻といえば芸能人が吸引していたり所持していて警察沙汰になることもしばしばあり、違法ドラッグの印象が強いですよね。

つい最近ではKAT-TUNの元メンバーの田口淳之介容疑者が大麻取締法違反で逮捕されたのも記憶に新しい事件ではないでしょうか。

ところが

CBDMAXに使われている大麻の成分は、なんと厚生労働省監視指導麻薬対策課の許可を得て日本に輸入されているのです。
CDBMAXがなぜ合法的に認められているのか?合法の大麻成分って一体どういうものなのか?大麻成分を電子タバコとして吸引すると身体や意識にどんな影響があるのでしょうか?

 

>>CDBMAXについて詳しく見る

CBDMAXは大麻成分なのに合法なのはなぜ?

大麻から取れる成分は主に2種類あり、葉っぱや花穂から抽出される成分はテトラヒドカンナビノール(THC)と呼ばれる成分で、幻覚作用などがあります。この成分を吸引することは合法的には認められません。違法です。

そして、CBDMAXに含まれるのは同じ大麻でも茎や種子に含まれるカンナビジオールとよばれる成分です。”CBD”の正式名称をカンナビジオールといいます。

CBDMAXは大麻からCDBだけを抽出し成分だけを使用しているので合法なのです。

さらに、このCDBの有効性については医学や薬学の研究論文が数多く発表されておりWHOでも効果が認められている成分で、多くの試験で安全性が認められています。

日本の大麻取締法でも「(違法化の対象は)麻の茎および種子それら由来の製品は除外される」となっているのでCDBはまったく違法性はなく完全に合法という事になります。

同じ大麻なのに成分を抽出する部位の違いでだけで合法・非合法が分かれているんですね。しかし、CBDMAXも大麻といえば大麻なのですから吸引すれば、幻覚症状が現れたり、気分が必要以上によくなったりして常習化してしまう危険性などはないのでしょうか?

CBDは欧米ではすでに効果が認められている

CBDは向精神作用がなく精神疾患を伴う危険性がないと認められています。そして同じ大麻から取れる成分なのに不眠症、鎮痛作用、不安や鬱病などにも効果があり欧米では”医療用大麻”としてすでに医療の現場で使用されている成分です。

2018年にはカナダ国内で大麻の栽培が合法的に認められました。アメリカでは州によって法律が違いますがCBDは2300万人以上に利用されています。

ヨーロッパ諸国では元々大麻が色々と利用されてきました。

最近ではCBDも生産されており、サプリやアンチエイジングの化粧品として製品化されているほどです。

医療現場で実際に認められて使用されている成分という事でCDBMAXも安全な成分を吸引するためのものであるという事がわかりました。

 

>>CDBMAXについてもっと詳しく見る

合法大麻成分のCBDMAXが人気の理由

CDBMAXはストレスの多い日本の社会において「毎日の不安をやわらげる」「速やかに深い眠りが得られる」「仕事に前向きに取り組むことができる」などの理由で日本で発売されるとともに話題となり今やメーカー在庫が品切れするほどの勢いで売れているようです。

WHO(世界保険機関)がその効果や効能を認めた合法的な大麻の成分を使ったCDBMAXはアメリカでも新常識として普通に生活に取り入れる事ができる電子タバコです。

実際に使用したことのある人の口コミなどをみても「仕事のストレスが原因で眠れなかった人がぐっすり眠れるようになり、疲れも取れて仕事の効率が上がった」などの良い口コミが目立ちます。

気分転換にとタバコを吸っていた人も健康被害を考えて苦労してタバコをやめようとする昨今、気分転換やストレス解消にタバコの代わりに健康に良い影響があるというCDBMAXを試してみる価値は十分ありそうですね。

公式サイト: https://cdbmax.com